toggle
2020-12-27

すいすい水彩画

2020年12月27日

水彩は音楽?

小学生から慣れ親しんだ水彩画、

手軽だけど奥がふかい、

こどものころからやっているのだからもっと上手になってもよいはずとやってもたものの進歩がみられない、

しかも修正が効かない、

これって音楽みたいとおもいませんか?

音楽は一過性の芸術と言われております、

つまり、演奏でミスしたら終わり、

水彩はまず描く前に完成までの計画を立てなければなりません、

色、光と影、形などなど・・・・

考え終えたらようやく描きます。

ミスは修正できないので、完成まで緊張の連続です!

計画通り完成したら超感動もの!

演奏終えたプレイヤーの充実した気持ちがよく分かります、

水彩は手軽なメディアです

スケッチブックを片手に写生の旅に出るイメージってありますよね、

旅先の文房具店でも買えますし、

手軽な画材といったかんじ、

気軽におとなから子どもまで楽しめる、そんな身近な画材が水彩です、

関連記事