toggle
2020-12-29

水彩は化学?

2020年12月-1

配合の結果

水彩はご存じのとおり水をつかいますよね、

この水がとても重要で、混ぜる量により効果が全然違います、

水の量は遠近法や、テクニックにつながるのです、

もちろん絵描きは配合を計量するわけではありません、

感覚による目分量です、

しかしこの目分量は経験によるむつかしさがあることは想像がつくでしょう、

水彩はブレーキの効かない車!

水彩らしい効果を求めるなら水をたくさん使います、

紙いっぱいに乗った水の上に絵具を少量足します、

絵具は水の上をサーフィンのようにすべるので、テーブルの傾斜、紙のシワに

もろ影響を受けるのです、

それをコントロールする技術はまさにブレーキの効かない車を運転するのににているかも、

もちろんブレーキの効かない車を運転したことはありませんが・・・

関連記事