toggle
2021-01-05

絵画教室

生徒さんの今と昔

絵画教室をはじめて受け持ったのは15年前になります、

場所は千葉県八千代市のショッピングセンター、

小学生対象の油彩教室でした、スタート時は3人でしたが、口コミやめずらしさからかありがたくも12人まで増えました、

油彩はじっくり時間をかけて1枚を仕上げてほしかったのですが、集中力やほかの物への興味から未完成をふくめ、1~2回でフィニッシュしてしまいます、

たのしい教室を心がけてきましたので、作品に対する評価など2の次に考えていましたし、毎回飽きさせないネタを考えるのに苦労しましたね、

いまでも一番苦労しておりますが・・・・

コンセプチュアルアートなどやったこともありました、ゲームやアニメのキャラクターをモチーフにしたこともありました、

いまもその教室にはお世話になっておりますが、最初の頃教えていた油彩ではなく、造形教室に変貌しました、

女の子は絵を、男の子は工作を好むことから、好きなこと、やりたいことに熱意をもって取り組んでいただいておりますからそれでよかったとおもいます、

15年前私の子どもも小学生であり、私自身小学生の流行などにも普通に敏感で、会話もストレスレスでした、

いまの小学生はおませさんで、ティックトックからひっぱてきた画像描くなどあたりまえで、家では普通にデジタルソフトで絵を描き、投降したりしているそうです、スゴイ!

迎合するつもりで鬼滅の刃をモチーフにしたときは、小学生の間ではもう熱が冷めており、「遅れてるー」と一笑されました、

教室では教える立場ですが、最近教わることも大切なことだと気付かされました、

まず子どもたちの話をよく聞くことを心がけております、こちらが聞かなければ、向こうも聞いてくれません、

教えてくれたキーワードを検索しその良さをさがしたりして、次会うときは情報が共有ができるまで努めています、

情報共有は、共感をよび、互いの距離をちぢめます、

そこから信頼関係がうまれます、

時代とともにトレンドは移り変わりますが、成果ある教育方法は普遍です、

教えていただいたお返しにその普遍を学んでいただければとおもいます、

おとなになってからも必ず役にたつはずですから・・・・

関連記事