toggle
2021-04-07

抽象

抽象とはリテラシーが定まっておらず、観衆のみならず教育機関も対応が曖昧である。いま評価の高い作家もこの先も高止まりが約束される保障もない。

どの分野でも『先端』とはそのようなものであろう。

抽象とはまるで雲である。

変化する雲のながれから心の琴線に触れた瞬間を掴む。“

偶然の瞬間”掴めたつもりが手を開けば中は空っぽ。

「あれはなんだったのだ?」そして同じ行動を繰り返す。

何度も何度も繰り返す。

そのうち自分がほしい“偶然の瞬間“はこれではないことに気付く。

そしてまた永遠繰り返す。

アーティストに必要な第1条件は審美眼であることはいうまでもない。

もちろんこの先何があってもやめない姿勢が条件であるが。

関連記事