toggle
2021-04-28

一匹狼

どんなに組織にも一匹狼を生み出す。

つまりアートワールドを受け入れがたいほど拘束的だと感じるアーティストである。

彼はアートワールドが通常生み出す作品の境界内への受け入れを拒否されるようなイノベーションを提案する。

ゆえ美術関係者すべての職業人は彼への協力を拒否することになる。

一匹狼はアートワールドの他の人員からのサポートなしにイノベーションを追求しつづける。

統合された職業人がアートワールドの規則を完全に受け入れるのに対して一匹狼はそれとルーズな関係を保ちつつもその活動に直接参加しない。

メリットとしてどんな実際的な経済的な配慮から離れており望むならどこでも自分ヴィジョンを追求できた。

本質的には孤独のうち仕事をして、現行の流行に無関心でありながら、職業人よりさらに少ないリスクで危険な実験ができた。

関連記事